母の日に贈るお花で人気のものとは?お花以外のおすすめギフトも紹介

毎年の5月の第2日曜日は母の日となっています。母の日にはいつもお世話になっているお母さんへプレゼントを贈りたいですよね。そこで母の日に贈りたい人気のお花を紹介していきます。また、それぞれの花の特徴や花以外のおすすめギフトも紹介していきます!

そもそも母の日とは?来年はいつ?

そもそも母の日とは?来年はいつ?

そもそも、母の日は何月何日で、どんな意味があるのかご存じですか?まずは母の日の日にちや、い われについて、簡単に見ていきましょう。

2021年の母の日は「5月9日」

母の日は毎年5月の第2日曜日です。つまり、母の日は毎年日にちが変わります。ちなみに、2021年 の母の日は5月9日です。

実は母の日はアメリカ発祥

母の日の発祥はアメリカだと言われています。はじまりは1907年の5月10日、アンナ・ジャービスと いう女性が、母を追悼するために、白いカーネーションを配ったことです。アンナは「母親が生き ているうちに感謝する機会を設けるべきだ」という考えを持っていました。

これに感銘を受けたウエストヴァージニア州知事は、1910年に、アンナが白いカーネーションを 配った5月の第2日曜日を「母の日」という祝日に制定。この流れはアメリカ全土に広がり、 1914年には当時の大統領によって、5月の第2日曜日は国民の祝日である「母の日」と定められた のです。

日本の母の日は大正時代から

日本に「母の日」という文化が広まったのは、大正2年ごろといわれています。西暦なら1913年ごろ です。キリスト教会や日曜学校などで「母の日」という行事が始まったのがきっかけです。「母の 日」が国民の祝日として制定されたのは昭和6年頃のことでした。

しかし、当時の母の日は、皇太后の誕生日にちなんで3月6日とされていました。現在のように5月 の第2日曜日が「母の日」となったのは、1947年のことです。

父の日もアメリカ発祥

じつは「父の日」もアメリカ発祥です。1909年ごろにドット夫人が「母の日とおなじく父の日もあ るべきだ」として、働きかけを始めたことから、父の日が生まれました。アメリカの国民の祝日と なったのは1972年のことです。その後、日本には1980年ごろに伝わりました。

母の日に贈る人気のお花とは?

母の日に贈る人気のお花とは?

母の日のプレゼントとしてよく選ばれているのが、お花です。次に、母の日のプレゼントにおすすめ のお花をご紹介していきます。

カーネーション

母の日の定番といえば、やはりカーネーションです。カーネーションはナデシコ科の植物で、見た目 もナデシコによく似ています。カーネーションは、色によって花言葉が違います。定番の赤色の カーネーションの花言葉は「母への愛」や「熱烈な愛」、「愛を信じる」といったもの。ピンクは 「感謝」「上品・気品」「温かい心」「美しい仕草」、紫は「気品」「誇り」です。

カーネーションに限らず、花は本数によって意味が変わるといわれています。1本の時の花言葉 は「わたしの運命の人はあなたです」、3本なら「私はあなたを愛しています」です。母の日らし い花言葉の本数にしたいなら8本がおすすめ。花言葉は「わたしはあなたの思いやりに感謝してい ます」です。

母の日にカーネーションを贈るのは、アンナ・ジャービスが白いカーネーションを配ったこと にちなんだためです。カーネーションはアンナの母が好きな花でした。ちなみに、白いカー ネーションは亡くなった人に贈る花という見方をされることが多いです。

バラ

バラも母の日のプレゼントとしてよく選ばれています。バラは棘のある植物で、花は色も見た目もさ まざまあります。ちなみにバラも色によって花言葉が異なります。赤は「あなたを愛してます」 「愛情」「美」「情熱」、白は「純潔」「私はあなたにふさわしい」「深い尊敬」、ピンクは「し とやか」「上品」「感銘」です。

ユリ

聖母マリアの象徴とされるユリ。漏斗状の大ぶりの花を咲かせ、強い香りを持つことが特徴で す。白いユリの花言葉は「純潔」「威厳」です。オレンジは「華麗 」、ピンクは「虚栄心 」。黄 色の百合の花言葉は「陽気」です。ユリは多くの人に愛されているため、母の日のプレゼン トと しても人気のある花です。

ガーベラ

ガーベラは、太い茎に1つの花を咲かせます。花は一重から八重咲までさまざまあり、色が豊富なの が特徴です。愛らしい見た目から、母の日のプレゼントにもおすすめです。赤いガーベラの花言葉 は「神秘」「燃える神秘の愛」「前向き」「限りなき挑戦」、ピンクは「崇高な愛」「思いやり」 「感謝」、黄色は「究極美」「究極愛」「親しみやすい」「やさしさ」です。

紫陽花

梅雨のお花というイメージの紫陽花ですが、近年は母の日のプレゼントとして人気急上昇していま す。小さな花弁がたくさん集まった大輪の花のような見た目ですが、実は花に見える部分はガク。 また、色が変化するのが大きな特徴ですが、やはり色によって花言葉がちがいます。

定番の青色は「辛抱強い愛情」、ピンクは「元気な女性」、白い紫陽花は「寛容」です。母の日に贈 るなら、ピンク色の紫陽花の花言葉がよさそうです。

胡蝶蘭

胡蝶蘭は蘭の1種。名前の通り、蝶のような形の大ぶりな花弁が、1本の茎に複数咲きます。高貴な イメージがあることや、胡蝶蘭全般の花言葉が「幸福がとんでくる」であることから、母の日のプ レゼントにもピッタリのお花です。

ちなみに白の胡蝶蘭の花言葉は「純粋」。ピンクは「あなたを愛します」。紫色は「愛」「美」「上 品」「優雅」です。

母の日に贈るお花は生花?アレンジメントフラワー?

母の日に贈るお花は生花?アレンジメントフラワー?

母の日には生花ではなく、造花を贈ることも多いです。たとえばプリザードフラワーやドライフラ ワーのほか、ソープフラワーも人気です。

生花とアレンジメントどちらが良い?

母の日に贈るなら、生花とアレンジメントのお花、どちらがよいのでしょうか?どちらにもそれぞ れの良さがありますので、メリットを考えながら選ぶのがよいでしょう。それでは、それぞれのメ リットについてご紹介します。

生花のメリット

生花のメリットは、相手の好みや予算に応じて花束を作れることです。たとえ費用は抑え気味でも、 花の選び方によってはゴージャスな花束にできます。また、みずみずしい花びらの美しさや香りを 楽しめるのは、生花独特のメリットといえるでしょう。

デメリットをあげるなら、やはり長持ちしないことでしょう。また定期的な水替えも必要です。さら に、花粉が飛びやすい花もありますので、花粉症のお母さんにプレゼントするときには注意が必要 です。

造花のメリット

次に造花のメリットをご紹介します。造花は、おもに以下の4つの種類に分類できます。それぞれの 特徴について見ていきましょう。

プリザーブドフラワー

プリザードフラワーとは、生花の色素を抜き取って特殊な加工を施した造花です。特殊な染料を用 いて作られているため、色とりどりのカラフルな見た目をしているものが多いです。

プリザードフラワーのもっとも大きな特徴は、世話をしなくても長い期間保存できること。水やりは 必要なく、日光に当てる必要もありません。壊れにくくて長い期間楽しめるので、母の日のプレゼ ントとしてもおすすめです。

アーティフィシャルフラワー

アーティシャルフラワーとはいわゆる造花ですが、生花さながらのリアリティを持つのが特徴です。 茎などを自由にアレンジできるため、ブーケやコサージュなどにもよく利用されています。アー ティシャルフラワーは、生花そっくりでありながら、生花のように水やりは必要ありません。耐久 性も強く、長い期間楽しめる点がメリットです。

ドライフラワー

ドライフラワーは、花を自然乾燥させて作られます。生花のような鮮やかな色こそないものの、セピ アがかった独特の見た目はアンティークっぽくもあり、おしゃれなインテリアとしても人気です。 乾燥させているため水やりは必要なく、長い期間楽しむことができます。

ソープフラワー

ソープフラワーとは石鹸でできた花です。実用品ではなく、観賞用として用いられます。本物のお花 のような見た目ですが、生花より発色が鮮やかなのが特徴です。また、石鹸でできているだけあっ て、香りが良いのも他のお花にはない特徴です。

母の日に贈りたい花以外のギフトとは?

母の日に贈りたい花以外のギフトとは?

母の日に、お花以外のプレゼントを贈る人も多いです。ちょっとしたプレゼントをお花に添えて贈る のもよいでしょう。母の日のプレゼントにピッタリのアイテムをいくつかご紹介します。

お菓子・スイーツ

お菓子やスイーツは母の日のプレゼントの王道です。洋菓子や和菓子など種類はさまざまですが、い ずれにしろ、少し特別感のあるお菓子がよいでしょう。たとえば人気のスイーツ店のお菓子や、 パッケージがきれいなものなどがおすすめです。費用は3000円~5000円程度を目安にしてみてく ださい。

コスメ商品・ケア商品

美容や健康に関するアイテムはどんなお母さんにもおすすめ。「いつまでもきれいで元気なお母さん でいてね」というメッセージを込めることができます。ハイブランドのメイク用品やコスメなら、 特別感があってよいでしょう。

コスメに疎くてなにを選んだらいいのか分からない、というときには、ハンドクリームやバスソルトといった、日常的に使いやすいアイテムを選んでみてください。費用の相場は3000円~5000円です。

旅行・体験ギフト

物ではなく、体験をプレゼントするのもおすすめ。インパクトの強いプレゼントになりますよ。旅行 好きなお母さんへは旅行券をプレゼントしてみはいかがでしょう。エステ体験や陶芸体験、乗馬体験など、非日常を楽しめるギフトもおすすめです。費用相場は5000円~1万円と、他のアイテムに比べると少々高めです。

手紙

じつは手紙は、母の日にもらって嬉しいものの上位にランクインするプレゼント。日ごろの感謝や お母さんへの気持ちを表した手紙は、思い出に残るプレゼントになります。普段は恥ずかしくて口 にできない思いも、手紙なら素直に伝えることができますよ。

母の日の手書きを書くときは、お母さんに語り掛けるような書き方をするのがポイント。かしこまる必要はなく、日常会話の延長のような気持ちで書いてみてください。お母さんの喜ぶ顔を想像しながら、普段口にはできない感謝や素直な気持ちを、恥ずかしがらずに認めましょう。

お花や手紙を贈って素敵な母の日にしましょう!

お花や手紙を贈って素敵な母の日にしましょう!

母の日は、普段はなかなか表せない感謝の気持ちを、素直にお母さんに伝えることのできる日です。 お花やプレゼントを贈って、お母さんへの感謝の気持ちを伝えてみませんか。感謝の気持ちをした ためた手紙を添えれば、お母さんにもきっと喜んでもらえますよ。

タイトルとURLをコピーしました