母の日.me 2020年の「母の日ギフト」トレンド予測を発表。「巣ごもり消費ギフト」に注目


世界中で新型コロナウイルスの拡大が続く中、感染予防のための外出自粛によって自宅で過ごす時間が増えてきました。母の日には毎年お母さんと食事をしたり、旅行や買い物に出掛けたりと一緒に過ごすという方もいますが、普段離れて暮らしている家族の場合、今年は予定をキャンセルするなど、直接会うことを避ける傾向もあるようです。

2020年の母の日、キーワードは「巣ごもりギフト」

こうした世の中の流れを受け、母の日.meでは今年の「母の日ギフト」のトレンド予測を行いました。

POINT
  1. 外出自粛のため、家で過ごす時間を豊かにしてくれるもの。
  2. 家でもできる運動でストレス発散、健康を保てるもの。
  3. 暗いニュースが続く中、気分を明るくしてくれるもの。

2020年は、これらに関連する母の日ギフトが人気になると予想します。

共通するのは、自宅で使う「巣ごもり消費ギフト」であること。
何日も家の中にいると気分が落ち込んでしまいますが、こんな時期だからこそ、家にいる時間が楽しくなる贈りもので、お母さんに喜んでもらいたいと考える人が増えるのではないでしょうか。

母の日.meが今年、「母の日に贈りたいものは何ですか?」という質問で20代~60代の男女 計500名を対象に行なったアンケート調査では、「お花」「食品・スイーツ」「ファッション・アクセサリー」「健康・生活雑貨」が上位となりました。

  • お花:24.8%
  • 食品・スイーツ:22%
  • ファッション・アクセサリー:19.2%
  • 健康・生活雑貨:14.6%
  • 趣味に関するもの:5.6%
  • 旅行(旅行券・宿泊券なども含む):5.4%
  • 食事(食事券なども含む):3.4%
  • お酒・ビール:2.8%
  • 手紙・メッセージカード:1.4%
  • 好きなことができる自由な時間:0.8%

 

定番のお花は、お部屋を彩る「観葉植物」に注目か

母の日では、もともとカーネーションなどのお花が人気ですが、その寿命は1~2週間となっています。そのため少しでも長く楽しめるようにと、今年は初心者でも育てやすくて寿命の長い「観葉植物」が注目されると予想します。在宅勤務・テレワークが増える中で家族の在宅率も上がっているため、お部屋の中に緑があると、お母さんも気分が晴れて爽やかに過ごせそうですね。

気分転換できるスイーツは今年も安定の人気。お花とのセット「お花+αギフト」も

甘いものが好きなお母さんであれば、「ほっ」と気分転換できるスイーツ・お菓子が最適です。一回で食べきるものもありますが、小分けになっているものや、ひと口サイズで毎日ちょこちょこ食べられるものが今年は人気になるかもしれません。また、お花とスイーツが一緒になったセットも人気が高まっています。

こんな時だからこそお母さんの健康を気遣う「いたわり健康ギフト」

マスクや消毒で外からの予防はできますが、本来は身体から健康であることが望ましいです。そこで、自宅で簡単にできる運動グッズや、装着するだけでOKな磁気ネックレスの需要も増えると予想します。とくに磁気ネックレスでは、「パール」を採用するなど見た目はアクセサリーにしか見えないオシャレなものもあり、ファッションを気にせず使えるものが人気の傾向です。

定番のお花から「お花以外」にも注目

父の日ギフトでは、お花よりも食品や雑貨を贈ることが多い傾向にありますが、近年、母の日ギフトも「お花以外」を選ぶ傾向にあるようです。毎年同じものだとマンネリ化してしまい、贈る側としても物足りなさを感じるという意見も多く、日用品など実用的なものを贈る方も今後増えそうです。

 
以上、母の日.meによる2020年の「母の日ギフト」トレンド予測でした。
今年の母の日はいつも以上の感謝の気持ちをもって、お母さんに母の日ギフトを贈りませんか?

タイトルとURLをコピーしました