母の日は美味しいうなぎでお母さんの身体をいたわる。おうちで楽しめる「うなぎギフト」特集

母の日のうなぎギフト
母の日のうなぎギフト

 

ふっくら柔らか、スタミナ満点☆
土用の丑の日でもお馴染みの「うなぎ」は、高タンパクでビタミン・ミネラルが豊富。身体の健康を保つための栄養素がギュッと詰まっているので、お母さんの身体をいたわる母の日ギフトにぴったりなんです!

本来なら、うなぎ料理の専門店で食べたいところですが、今はできるだけ外出を控えなければいけません。そこでおすすめなのが、ネット通販でのお取り寄せ。うなぎの蒲焼、ひつまぶしなど、本格的なうなぎ料理がお家で楽しめるんです!

そこで今回は、母の日ギフトで人気のうなぎをテーマ別にピックアップしました。ランキングや予算などを参考に、ぜひ今年の母の日は、お母さんに美味しいうなぎをプレゼントしましょう!

 

 

 

 



うなぎ 2尾(2人前)

 

 
 



うなぎ 3尾(3人前)

 

 



予算 3,000円以内

 

 
 



予算 5,000円以内

 

 



予算 7,000円以内

 

 
 



予算 10,000円以内

 

 



予算 10,000円以上

 

 
 

母の日にうなぎが選ばれる理由

母の日にうなぎを贈るのには、「高級感がある」「栄養価が高い」といった理由が見られます。高級感があるうなぎは、母の日の特別の贈り物にはぴったり。特別なごちそうを贈ることで、普段は口にできない感謝の思いを伝えることができます。また、うなぎは昔から滋養強壮の食べ物として知られています。日ごろ家族のために頑張っているお母さんへのねぎらいのごちそうにはもってこいですね。

うなぎの栄養素

うなぎは、「ビタミンA」「ビタミンB群」「ビタミンD」「ビタミンE」など、ビタミン類が多く含まれます。さらに「EPA」や「DHA」のほか、ミネラル類、タンパク質が豊富に含まれているのもうなぎの特徴です。

これらの栄養素は身体の健康を保つうえで欠かせません。最も多く含まれるビタミンAは、体の免疫をアップさせるだけでなく、粘膜の保護に役立つため、目によいといわれています。ビタミンB・D・Eは、皮膚や骨、細胞を強くする作用があります。うなぎがスタミナに効くといわれるのは、これらの栄養素のおかげです。

EPAとDHAは血流をよくし、血管を強くする作用があります。またDHAは、頭がよくなる栄養素としても有名です。

 

タイトルとURLをコピーしました