ひとくちサイズに想いを込めた次世代スイーツ「wake an(ウェイクアン)」おはぎ。大切な人にも贈りたくなる母の日ギフト

おはぎ wake an

古来から日本人に親しまれている「おはぎ」。
実は低カロリーで高たんぱく質、素早くエネルギーに変換してくれることから、近年では試合前のアスリートが栄養補給するための定番アスリートフードにもなっており、おやつとしてだけでなく、健康志向の栄養食として美容や健康を気遣う人からも注目を集める人気のスイーツなんです。

次世代スイーツ wake an(ウェイクアン)

そんな「おはぎ」に秘められた栄養素や効果に着目し、もっと気軽に、美味しく食べられるように作られたのが、次世代スイーツ wake anウェイクアン です!

アスリートフードマイスターの資格を持つ、元乃木坂46の衛藤美彩えとうみささんがプロデュースし、おはぎ専門店 OHAGI3 の監修のもと作られた冷凍おはぎで、日頃から運動・健康・美容に気を使う方に、タイミングを選ばず栄養補給ができるよう考えられた、新しいコンセプトの和スイーツ。

ブランド名の wake an(ウェイクアン)は
wake:自分が本来もっている力を呼び起こす・目覚めさせる
an:おはぎの”あん”
を合わせた造語で「可能性を引き出すきっかけになってほしい」という想いが込められています。

カラフルで見た目にも可愛いおはぎ。美味しいだけじゃなく、お母さんにはいつまでも美しく、健康でいてほしいという気持ちも伝わる、母の日にぴったりのプレゼントです!

定番の粒あんから紫芋にいちごまで、5つの味が楽しめる!


wake an のおはぎは、つぶあんきな粉といった定番はもちろん、女性に人気の抹茶や、優しい甘さが特徴の紫芋いちごなど、5種類が味わえる10個セットになっています。それぞれの味によって栄養成分やその働きがあり、おやつとして美味しく食べながら日常生活で重要な栄養を補うことができます。

おはぎに秘められた栄養成分


これほど栄養価が高ければ、アスリートが競技や試合の前後におはぎを食べてエネルギー補給するのも納得ですね。
あまり運動をしないお母さんでも、タンパク質を摂取した後におはぎを食べると体に負担をかけず栄養をとることができるそうなので、食後のおやつとしてもぴったりです。

wake an は、1つ1つ個包装された冷凍おはぎ。女性にも食べやすいサイズ感で、好きなときに食べたい分だけ解凍して、おはぎ本来のモチモチとした食感をいつでも楽しむことができます。

身体のことを考えた優しくて美味しいスイーツを母の日に

日本のソウルフード「おはぎ」を、見た目の可愛いさだけでなく、身体を優しく美味しくいたわる次世代スイーツに変えた wake anウェイクアン。大切なお母さんにはいつまでも美しく、健康でいて欲しいという想いを込めて、今年は母の日に「おはぎ」を贈ってみてはいかがでしょうか。

 

衛藤 美彩(えとう みさ)

1993年1月4日生まれ。大分県出身。2011年に乃木坂46 の一期生としてデビュー。2019年3月にグループを卒業。卒業後も女性誌「美人百花」のレギュラーモデルを務め女優としては主演映画「静かな雨」や映画「みをつくし料理帖」などに出演。アスリートフードマイスターなどの資格も所持し、活躍の場を広げている。

Instagram : @misa_eto_official

衛藤美彩

 

この記事を書いた人

あやてぃー(母の日.me編集部)

自分が心地よく生活出来るアイテムを探す雑貨マニア。趣味は雑貨屋巡り、整理収納、ボーリング(ハイスコアは258と中途半端・・・)。とにかく買い物とビール、チーズが大好きです!

 
 

タイトルとURLをコピーしました